どういうところが良い就職先?

ネイルサロンと言っても、本当にピンからキリまであるものです。

 

そして、自分に合うサロンと合わないサロンも当然存在します。

 

 

 

一般論として考えるなら、良い就職先は

 

「安定してお給料がもらえて、プライベートの時間もきちんと取れ、ボーナスなどがしっかりとつく」
こういった就職先をいわゆる「良い就職先」というのではないかと思います。

 

 

しかし、ネイルサロンは「収入はどれぐらい?」の項目でも触れたとおり、見習いの間は、給料も大変安いですし、その給料は自分の練習の器具の代金でほとんど飛んでいきます。

 

 

 

ですので、一般論でいうところの「良い就職先」に勤めたい人は、ネイリストを目指さず他の道を進んだ方が幸せになれると思います。

 

 

ネイルサロンとして良い就職先は、オーナーがきちんとした考えを持っていて、技術をしっかりと持っているところ、これが第一だと思います。

 

オーナーが認定講師の資格を持っていればそれは素敵なことです。

 

 

また、接客業ですから、スタッフの不仲が険悪な空気となりお客さんに伝わってしまいます。

 

 

ですので、スタッフの仲が良いところも、良い就職先と言えると思います。