ネイリストの資質2

前項で様々なネイリストに向いている性格をお伝えしてきましたが、最もネイリストに向いている資質の決定版と言えるものが、「夢があること」です。

 

 

お仕事の項目などでご説明いたしますが、ネイリストはただ座ってマニキュアを塗っていればいいという仕事ではありあません。

 

 

どちらかというと肉体労働と接客業を足してあるような仕事です。

 

 

日々の仕事の中で、本当に仕事が嫌になる瞬間もあると思います。

 

 

それでも、自分の技術を磨いて、一人でも多くのお客さんに満足してもらいたい、という気持ちを持ち、

 

そして、「雑誌の仕事をしたい」、「コンペで優勝したい」、「いずれは自分でサロンを開きたい」

 

そういう夢を持てる人は、どんなにつらいいことがあってもへこたれずに自分の技術を磨き続けます。

 

 

夢が枯れなければ、人も決して枯れることはありません。

 

 

 

ネイルが好きで、夢がある。

 

 

それさえ持っていれば、もうネイリストとして充分な資質を兼ね備えているといえるのです。

 

 

日本を代表するネイリストになっていまうかも!それぐらいの気構えで様々なことに望んで下さい。