サロンを開業したときの宣伝方法

サロンを開業したのはいいけれどお客さんがこない場合。

 

そういう場合は、様々なコンペをフルに利用してみるのも手です。

 

 

コンペを利用する方法で最も良い方法なのは、自分がコンペで優勝することです。

 

 

お客さん側にも「あのサロンのオーナーはコンペで優勝した」ということで訪ねてくるようになりますし、そして、従業員も集まりやすいという利点があります。

 

 

「たかだかコンペぐらいで本当にそんな効果があるの?」

 

と思われるかもしれませんが、たとえば「ネイルエキスポ」に行くお客さんは、一般人であっても毎年の優勝者の名前を知っている、そういうことが本当にあるのです。

 

 

また、従業員がいるようであれば、従業員も積極的にコンペに参加させるといいでしょう。

 

 

手段の一つとして良いものは、「認定講師」の資格を取る、ということです。

 

 

認定講師の資格は、JNAやINAが定める資格の1級よりさらにランクは上です。

 

 

サロンを探すときに

 

「そちらに認定講師は常駐してらっしゃいますか?」

 

と聞く人も増えてきています。

 

 

サロンを宣伝したいのであれば、ちらしを配るより、技術で勝負したほうが後々良い結果に繋がります。