サロンを開業するときにやっておくこと

自分でサロンを開くことになると、とてもどきどきしますね。

 

しかし、サロンを開くのにも様々な心配りが必です。

 

 

 

まずは予算の計算をしなければなりません。

 

 

理想とするサロンのスタイルがあっても、予算のせいで中途半端にしか仕上がらないようであればまるで違う方向にしたほうが良いでしょう。

 

 

このとき気をつけないといけないのが、借金は絶対にしてはいけないということです。

 

 

友人知人からもそうですが、特に銀行からの借金はいけません。

 

 

なぜかというと、サロンが残念ながら潰れてしまうという例も少なくないからです。

 

 

夢にまで見たサロンはなくなり、手元に残ったのは借金だけ、という悲惨な状況にならないためにも、できるだけ手持ちの予算内で収めるようにしてください。

 

 

それと、良い土地探しは手を抜かないで下さい。

 

 

客商売というのは、外観と立地で客入りが本当に変わってくるものです。

 

 

いくら良い腕を持っていても、お客様に目を留めてもらえなければ仕方がありません。土地と予算、独立するときに注意するのはここです。