INAの検定試験

INAとは、インターナショナルアソシエーションの略です。

 

 

技術力とサロンワークにおける接客の態度を見るという試験のスタイルは、JNAのとさして違いがありませんが、INAとJNAはかなり性質の異なる協会ですので、自分にメリットのあるほうの検定試験を受けたほうが間違いがありません。

 

 

基本的に、INAの試験は美容専門学校やネイルスクールの生徒を対象に行われるため、一般の人が受けられることはまずありません。

 

受ける人はもちろんきちんとネイルの技術を学んだ人たちばかりですから、とても難関の試験のように思いますが、自分がきちんとそのときまでスクールで勉強していたのであれば、なんら問題なく試験に受かると思います。

 

 

また、INAとJNAでは、どちらでも最近流行となっている「ジェルネイル」の認定試験があります。
プロのネイリストにやってもらうとやはり仕上がりが違います。

 

 

プロのネイリストさんは、しっかりしたサロンに勤務しているのであれば、ジェルネイルを取り扱うようになった時点でこの資格を取っています。

 

 

ですので、ジェルネイルの資格も併せて取っておいても損はないでしょう。