独立するメリット・デメリット

今までのサロン勤務になんら不自由を感じていないという人は、無理して独立することはありません。

 

しかし、やはり独立したい人が大勢いるのもまた事実です。

 

 

まず、サロンを独立して自分の店を持つことのメリットの一つとしてあげられるのは、サロンをまるきり自分好みのサロンにしてしまうことが出来るという点です。

 

 

それは、内装のこともそうですが、予約の取り方や、一人のお客様にかける時間、そしてメニューなど、

 

「こういう風なことをやりたい!」
と思うことが、独立することによって可能になるのです。

 

 

独立することのデメリットは、独立する前のサロンで担当していたお客様に施術ができなくなる可能性がある、ということです。

 

 

お客様側が独立先を聞いても、サロン側が教えないということも往々にしてあります。

 

 

前担当していたお客様がきてくれるならよいですが、そうでなければ店の宣伝や様々な雑事で、しばらくネイルができない可能性もあるため、ネイルが好きで独立した人にとってはつらいことだと思います。