ネイリストとして独立するために

ネイリストとして独立したいと思う人は、その前に自分がまず今までどういった仕事ぶりであったかということを振り返る必要があります。

 

 

たとえば、自分がきちんとした、お客さんに対して誠実なネイリストであったかどうか、これからも誠実な仕事をし続けられるかどうか、そういったことを考えなくてはなりません。

 

 

もちろん、独立するということは運営の側に回るということなので、サロンで従業員として働いていた頃よりも遥かに仕事は増えます。

 

 

また、ネイリストという職業が今人気の職業であるため、独立をしたが最後、お客さんがちっとも回ってこない、ということもなくはないのです。

 

 

ですので、独立するときは、しっかりとサロンのオーナーなどに相談し、本当に今が独立するタイミングか、ということをよく見計らってから行って下さい。

 

 

独立するときに、それまで働いていたサロンの顧客さんを引き抜くのはNGです。

 

 

もし独立したのならばそちらに行きたい、というようであれば、お客さんのほうがついてきます。

 

 

ですので、コネをしっかりと作り、自分しかできないような技術を持っておく。

 

これが重要だと思います。